真夜中のつれづれ

突然の介護、失職、就活……それでも笑って過ごしたい!

“まさか”の坂の始まり

診察室に通され、
「見てわかるように脳梗塞です。このまま入院してください。今は顔だけですけど、だんだん麻痺が出てくると思います。年齢が年齢なので、入院して環境が変わったりすると痴呆が出てくる場合もありますので、一応心にとめておいてください。
しばらくは薬の治療になりますが、徐々にリハビリをして、その後で家に帰るか施設に行くか転院するかを決めてください。」
ここまで一気に言われ、内心「えっ、えー!?」と思いつつも、力なく「はー……」と返すのが精一杯。


既に病室で点滴治療を始めている母の元へ。
「ごめんね~」と言う母の声も明るく、これなら案外早く退院できるんじゃないかと思った自分の甘さに、この後激しく気づかされることになる……

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。