真夜中のつれづれ

突然の介護、失職、就活……それでも笑って過ごしたい!

ケアマネ探し

母が寝たきり状態になってすぐ、
「ねー、ねー。ケアマネは決めたの?」
と、姪。
「だって、まだリハビリも始まってないし……」
と、のんきに答えた私と姉に、
「なに言ってんの!早く決めないと!退院するまでに環境整えなきゃいけないんだから!申請してから介護認定下りるまでだって時間がかかるんだし、自宅改修するにしても時間がかかるんだよ。だいたいさー、病院の包括はなにしてるのよ!私が勤めてる市の担当者は、病院から申請が行ったらすぐに見に来て手配してくれるよ。何にもしないなら包括の意味ないじゃない。税金から給料もらってるんでしょ!」
ここまで一気に言われて、返す言葉も無い私たち……。


後日、市役所に聞きに行ってくれた姉の手には、介護施設と介護支援センターのパンフレットが。
その中のいくつかにピンク色のマーカーがしてあって、そのどれかに自分たちで電話してケアマネをお願いしなさいとのこと。
またしても丸投げ……。


ケアマネをお願いする イコール 施設利用


母の意見を聞かぬまま、勝手に利用施設を決めていいものか?
と、決めかねている私たちに、姪が元の同僚の伝手を頼って探してくれることに。
本当にありがたく、これがこの後の奇跡のような繋がりになる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。