真夜中のつれづれ

突然の介護、失職、就活……それでも笑って過ごしたい!

つれづれに

会社を辞めて1ヶ月半。
朝起きて、電気ポットでお湯が沸く間に身支度を。
家中が暖まったところで母を起こす。
ここからは母中心の時間に。
家事の合間に母のお世話?いやいや、母のお世話の合間に家事をこなす。


と、ここまで見ると意外にちゃんとやれてる人っぽいが、実際は未だに毎日バタバタ、あたふた。週に2日の介護施設に行く朝は嵐のよう。
おまけに相変わらず料理は苦痛。
三食作ってるから手際はよくなった。が!要は考えるのが苦痛なのだ。
「一日10品目ね」と言う姉のアドバイスに、「豆腐にネギとおろし生姜を乗せたら3品ってことでいいのかな?」とか、「八宝菜作ったら、後は豆腐におろし生姜でいいかな」とか。
クックパッドで検索する時に必ず入れるキーワードは「簡単」。


母が寝る9時過ぎから明日の食事の下準備やら冷凍保存食作り。
と、ここまで書いて思ったけれど、実は料理の合間に家事や母のことをやってる気がしなくもない……。


結果、お風呂に入ってパソコンに向かう頃には夜中。だからタイトルが「真夜中のつれづれ」なんだけど。 
ただ、この夜中にパソコンに向かうのは私には合ってるようで、慌ただしく過ごしてきたから記憶が曖昧になってると思っていたことも、静かな夜中に(田舎の夜中は恐ろしく静か)パソコンに向かうと意外にしっかり覚えてる自分に驚いている。

ケアマネ探し

母が寝たきり状態になってすぐ、
「ねー、ねー。ケアマネは決めたの?」
と、姪。
「だって、まだリハビリも始まってないし……」
と、のんきに答えた私と姉に、
「なに言ってんの!早く決めないと!退院するまでに環境整えなきゃいけないんだから!申請してから介護認定下りるまでだって時間がかかるんだし、自宅改修するにしても時間がかかるんだよ。だいたいさー、病院の包括はなにしてるのよ!私が勤めてる市の担当者は、病院から申請が行ったらすぐに見に来て手配してくれるよ。何にもしないなら包括の意味ないじゃない。税金から給料もらってるんでしょ!」
ここまで一気に言われて、返す言葉も無い私たち……。


後日、市役所に聞きに行ってくれた姉の手には、介護施設と介護支援センターのパンフレットが。
その中のいくつかにピンク色のマーカーがしてあって、そのどれかに自分たちで電話してケアマネをお願いしなさいとのこと。
またしても丸投げ……。


ケアマネをお願いする イコール 施設利用


母の意見を聞かぬまま、勝手に利用施設を決めていいものか?
と、決めかねている私たちに、姪が元の同僚の伝手を頼って探してくれることに。
本当にありがたく、これがこの後の奇跡のような繋がりになる。


なんてこと!

一週間の点滴治療も終わりに近づき、「週明けからリハビリを開始しましょう」と言われ、ほっと一安心した金曜日。
浮かれ気分でリハビリ用の靴を買いに行った土曜日。
届けに行った日曜日に、まさかの急展開。
全く起き上がれなくなってた……。
「えっ?えっ?えっ?どういうこと?」
昨日までは自力で起き上がってたじゃない?
車いすに乗せてもらってトイレにも行ってたでしょう?
見ればベットの足下に、何やら不思議なマットが……。
マットに上がった途端に駆けつけた看護師さんに事情を聞く。
「自分でトイレに行こうとして、ベットの横で転んでたんです」
「……………」
なんだかもう、言葉が出ない。


不思議なマットの話を、他の市立病院で作業療法士をしている姪に。
「勝手に動かないように、上がるとナースステーションにお知らせが行くようになってるんだよ。要注意人物が敷かれるんだ~」っと笑う。
「……………」(笑えない。全く笑えない(-_-;))
腰を強打したらしく、起こそうとすると「イタタタタタ。痛いー!」


こうして急性期リハビリが出来ないまま、時間だけが過ぎていく。

包括

地域包括センターとは、「高齢者の暮らしを地域でサポートするための拠点。家族や地域住民の悩みや相談を、さまざまな側面からサポートすることを主な役割としています。」


と、調べると書かれている包括も、この時点では“ホウカツ?”“?”と、漢字すら思い浮かばないくらいの状態での面談だった。
幸いこの面談を、姉も一緒に聞いてくれることに。


「入院費は、後期高齢者ですので治療費44,400円。それと食費は別。寝間着のレンタルをしない場合は、お風呂の時にタオルと石けん等々ご用意いただくことになります。ただし、こちらは病院の請求とは別になります。大丈夫ですか?」


そうだ、入院費って、込み込みの44,400円じゃないんだった。あくまでも治療費だったんだ……。
ここまで一気に言われ、内心“無理だよー!家のローンですらいっぱいいっぱいなのに!治療費はなんとかなるにしても、月に十万なんて無理無理無理!”と思いつつも、“大丈夫です!”と言ってあげられない自分が情けないやら恥ずかしいやら悲しいやらで言葉が出ない。


「……………」
この時の私、きっともの凄く情けない顔をしてたんだろうなあ。


「退院後のことも含めて、ケアマネジャーを決めてください。詳しいことは市役所に問い合わせてください。失礼します。」
そこまで言って席を立った包括の人とは、この後、二度と会うことはなかったけれど。


あまりの情けなさに席を立てずにいた私に、
「姉弟三人居るんだから、三等分にしよう!」って言ってくれた姉の言葉にほっとして、ちょっぴり泣きました。


泣きましたが、「泣くのはまだまだ早いんだぞ~。大変なのはこれからだぞ~!」と、この時の自分に突っ込みを入れたい今の自分がいます(笑)


初めてのセミナーへ

昨日、初めて職業安定所企画のセミナーへ。
応募書類の書き方から面接方法まで。
「履歴書、職務経歴書と、郵送の場合は添え状をつけましょう」
……
しょ、職務経歴書?なにそれ?
そんなのいつの間に出現したの?
前回(と言っても25、6年前だけど(^^;))履歴書を書いたときには、そんなものは無かったけど……と、周りをキョロキョロ。
「なんだそれ?」と挙動不審な何人かに向けて、「近年出すようになりましたと」と講師の説明に納得。
後半でやった面接の練習に、まさかの緊張。
年取ってるんだから図太く行こう!なんて思ってたのに、緊張して名前を言い忘れる始末。
いやはや、練習ですらこれなんだから、本番はどうするんだよー!(>_<)↷
いやいやいや、受ける会社すら決まってないのに、この心配はどうなんだ?


「持ってる資格は積極的にアピールしましょう」と言われたけれど、私の持ってる資格と言えば自動二輪、大型と大型特殊。目指す仕事は事務職。これってアピールポイントになるだろうか……?